春のスポーツ大会

ゴールデンウィーク後半直前の5月2日(火)、国際ティビィシィ小山看護専門学校の恒例行事のひとつ「3学年合同スポーツ大会」が、栃木県立県南体育館メインアリーナ(貸切!)で賑やか&和やかに行われました。

種目は「バレーボール」「借り物競争」「ドッジボール」などなど盛りだくさんのプログラムで、さらには先生方も競技に参加するなど大盛り上がりの一日となりました。中でも「学年対抗綱引き」は、競技に参加する学生はもちろん、応援する学生たちが選手以上に熱くなる試合の連続で、各学年が「一丸」となった白熱の展開には目を見張るものがありました。

いつもは「座学や実習で忙しい学びの日々」の合間のたった一日でしたが、今回のようなイベントで汗を流し、仲間との絆を深めることこそ、看護師という目標実現のために、とても重要なことなのですね。みなさんお疲れ様でした!!