オープンキャンパス⑱

こんにちは!

国際ティビィシィ小山看護専門学校ブログ担当です。
秋も深まる晴天の下、11月3日(土)に国際ティビィシィ小山看護専門学校今年度18回目のオープンキャンパスを行いました。真剣な眼差しの進路模索中の皆さんが多数ご来校くださりました。どうもありがとうございました!

今回は
「フィジカルアセスメントにチャレンジ~体の音を聴いてみよう」というテーマで体験授業を、例によって担当の学生チームが準備。

フィジカルアセスメントという言葉、普段あまりなじみのない言葉だと思います。「フィジカルアセスメント」とは、問診や聴診、触診などの身体診査を行い、患者さんの情報を集め、健康の状態を判断することをいうそうです。
今回はフィジカルアセスメントについて知ってもらうために、まずは参加者の皆さんに聴診器で「自分の呼吸の音」を聴いてもらい、次に様々な病気の症状を再現できるフィジカルアセスメントの学習用人形「フィジコ」で「異常のある呼吸音」を聴いてもらい比較してもらいました!
こういった聞き比べの実体験など、国際ティビィシィ小山専門学校オープンキャンパスの特徴として今後も準備して参ります。

実際に「フィジカルアセスメントの場面を想定した寸劇」を担当学生達が披露してくれました。
具体的にどのような場面でフィジカルアセスメントをするかが分かりやすく、とても勉強になる
内容でした。

以下、今日の様子のスナップ写真です。

今月は17日土曜日にもう一度オープンキャンパスがあります。ぜひ予定の調整をして、ご参加くださいね。

担当学生チームと教職員一同、お待ちしております!