オープンキャンパス⑳

こんにちは!

国際ティビィシィ小山看護専門学校ブログ担当です。

師走初日の12月1日土曜日。国際ティビィシィ小山看護専門学校では今年最後のオープンキャンパスを行いました。寒い時期に行うオープンキャンパスということで、今回は「手浴」を体験してもらいました。

手浴は、手の清潔を保つだけでなく、温浴によるリラックス効果もあります。さらに血液の循環を促進し血流の改善・関節痛などの改善と予防にも効果があります。

そして手浴は、患者さんと看護師だけでなく、時にご家族とのコミュニケーション方法につなげる目的を持つ場合もあります。

今回はこの「手浴」を参加者さんに体験してもらい、手浴体験前と体験後での心拍数と血圧の比較行いました。

 


まずは学生さんが手浴の効果について説明します。

 

 

続いて、手浴を行う前の血圧と心拍数の測定です。

 

 

次に、手をお湯で温めてもらいます。 温めたあともう一度血圧と心拍数を測定しました。

 

 

今度はベッドの上にいる状態で、部屋を薄暗くし、音楽をかけ、マッサージ受けながら入浴剤入りのお湯で手浴を行います。

 

そして、再度心拍数と脈拍と測定し、それぞれの状態で比べると結果は・・・

 

このようになりました!

 

個人差はありますが、全体的にマッサージを受けながら行った手浴の方が心拍数と血圧が下がる傾向があるようです!
リラックスした状態で行う手浴の方がより効果があるみたいですね。

 

手浴はお手軽に行えてストレスの解消にもなります。
さらに、一人で手浴をするだけではなく、家族などに手浴をしてあげ、その最中に簡単に手のマッサージをした場合、相手とのコミュニケーションが取りやすくなり、信頼関係も発展させることができ、周りの人との関係性の発展、改善にもつながります。

また、手浴を行うと、手についている細菌の数が明らかに減少します。
これからの季節の病気予防にもぴったりですね。

お手軽に行えて、ストレスを解消し、やる気を出させてくれる手浴、ぜひ試してみてください!

 

 

このような体験ができる国際ティビィシィ小山看護専門学校のオープンキャンパスも今年度はあと2回となりました。

次回の体験内容は「沐浴」です!

どんなことが体験できるのか楽しみですね(^^)