オープンキャンパス⑧

こんにちは!

国際ティビィシィ小山看護専門学校ブログ担当です。

 

梅雨のこの時期らしい曇天ながら、

さる6月15日土曜日の午前中に

国際ティビィシィ小山看護専門学校では今年度8回目のオープンキャンパスを行いました。

 

今回のオープンキャンパスは、学校説明会&体験授業!

テーマは「ナイチンゲールと看護~これから看護を学ぶ皆さんへ~」という、

看護師を目指す方にぜひよ~く知っていただきたい人物、「ナイチンゲール」についての授業をしました。

 

ナイチンゲールは近代看護教育の母と呼ばれる人物で、現代の看護学の礎を築いた人物です。

名前を聞いたことある方は多いと思いますが、看護以外のことについても多くの功績を残しま

した。

 

 

看護の現場で実際に使用する器具の使いかたも学びました。

写真は鑷子(せっし)と呼ばれる器具の説明ですが、この道具はナイチンゲールの時代はおろ

か、5,000年前の古代エジプト時代からすでに原型があったそうです。

 

 

基本的な看護技術の1つである血圧の測定を実際に参加者に体験してもらいました。

看護の現場ではこのようなバイタルサインの測定を何度も行い、患者さんの状態を把握し

ます。

 

 

ナイチンゲールが活躍した当時と比べると、器具や技術も大きく進歩しているように見えます

が、基本的なことは今も変わらないそうです。

 

ナイチンゲールが1859年に著した『看護覚え書き』は現在も看護師さんになる方の必読書となっ

ていて、現代にも必要な事がたくさん書かれており、大変勉強になる本です。

 

看護師に興味がある方はもちろん、少子高齢化が進み続ける日本の一人でも多くの方にぜひ一度は読んでいただきたいと強く願います。