2年生 看護研究発表!

こんにちは!

国際ティビィシィ小山看護専門学校ブログ担当です。

年の瀬へ向けてそわそわしてくるこの時期、国際ティビィシィ小山看護専門では

2年生の「統合看護論」という科目の授業の一環で、看護研究の発表が行われました!

この看護研究の授業は、

研究・調査・発表などを実践的に学ぶことを目的に、

9月の中旬から全14回の授業が行われ、

グループごとにテーマを決めて、

資料集めや情報収集、プレゼンテーションの準備まで行います。

そのまとめの授業として12月初めの2日間で発表会を行いました。

 

皆さん研究を仕上げるため、放課後なども残って準備をして当日の発表に臨みました。

 

 

 

皆さん各グループの研究内容を熱心に聞いています。

質疑応答も活発に行われている様子でした(*´ω`)

 

全グループの発表の後、担当駒﨑稔子先生から2年生へ向けて

「ゴールの向こうのもう一人の自分」

というテーマでご高話をいただきました。

 

 

「看護学校に入学した看護学生にとってのゴールとは看護師国家試験に合格することだけではありません。

より良い看護師を目指すことです。

看護学生の生活は大変ですが、それを乗り切り、ゴール(看護師国家試験合格)した先には、違う自分がいます。

その自分に出会えると人生が思い切り変わりますよ。」(概略)

という、これから大変な時期を迎える2年生に向けて先生からの応援メッセージです。

まだ、看護学生となって約1年半。

入学当初から比べると、皆さん知識も技術も見違えるくらいに成長し、

徐々に「看護師」に向かって成長しているのが感じられます。

2年生は冬休みが終わると本格的な実習が始まり、それが終わると国家試験。ここからは特に忙しい1年間になります。

今回の経験と先生からいただいた言葉を胸に、新3年生となる来年をみんなで頑張ってくれることを願います。

2年生の皆さん 研究発表お疲れ様でした(*´▽`*)