オープンキャンパス㉘ 前編

こんにちは

 

国際ティビィシィ小山看護専門学校ブログ担当です!

 

 

令和2年1月19日(土曜日)

 

国際ティビィシィ小山看護専門学校では令和2年最初のオープンキャンパスが行われました。

 

今回は午前と午後のダブル体験です!

 

まずはじめに、スタッフ紹介から。

体験授業を担当してくれた学生さん達の自己紹介です。

今回も張りきって準備をしてくれました!

 

 

午前中の体験授業のテーマは・・・

 

「統合看護学偏(救急編)Part1 ~ これが出来ればあなたもエキスパート!」

 

ということで、参加者さんに胸骨圧迫(心臓マッサージ)とAED(自動体外式除細動器)の

デモ機の体験をしてもらいました!

 

 

まずは学生さんが胸骨圧迫を実演!

 

ちなみに、医療の現場で「心臓マッサージ」は開胸して直接心臓をマッサージすることだそうです。

 

 

参加の高2男子がチャレンジ。

体験後の感想。

「思ったより力が必要で疲れました」

との声。

結構大変なんですね・・・

 

高2女子の体験シーン。

こちらは、AED(自動体外式除細動器)のデモ機を使った体験です

最近は様々な場所に置かれているので、見たことがある人も多いと思いますが、中を開けたこ

とがある人は少ないのではないかと思います。

 

いざという時にきちんと使うためにも日頃から練習しておくことが重要ですね(*´▽`*)

 

 

もし目の前で人が倒れたら・・・

その時自分がどう行動するかによって救える命があります。

体験してもらった参加者のみなさんには、そういう状況に直面したとき、今回体験してもらった

ことを思い出して実践してもらえたらと思います(*^-^*)

 

 

次回のブログの更新では「統合看護学偏(災害編)Part2」の様子をお伝えします!