教育理念


生命の尊重を基盤に、豊かな人間性の涵養、看護の基礎的な知識・技術・態度の修得を目指す。生涯にわたり広い視野を持ち自己研鑚に励む素地を養い、看護専門職に求められる判断能力・応用能力・問題解決能力を身につけ、社会的使命を認識し、他職種との協働による社会的役割を果たし、保健・医療・福祉の向上に貢献できる看護専門職を育成する。

教育目的

看護専門職として、基本的知識・技術・態度を習得し
現代社会の変化に対応し得る基礎的能力を培い
国際的視野に立ち社会に貢献できる看護実践者を育成する。

学校の教育目的である、基本的知識・技術の学習が重要である。知識だけが先行しても、技術に心がなければ、人間対人間の絆は生まれない。また、技術を提供する際にどのような言葉を用い、どのような態度で提供するのかによって、対象に与える印象は大きく異なる。そこに個々の人間性が問われてくる。現代気質の若者が主流であるが、心のこもった技術が提供できるような人間性を養って行くことにより、人々のニーズを満たすことにつながり、地域に求められる人材となる。

教育目標

  • 01人間を統合的にとらえ、生命の尊さを理解し、人間の権利を尊重できる倫理観と豊かな人間性を養う。
  • 02個々の健康を認識し、多様な価値観を受け入れ、科学的根拠に基づき、問題解決に向けて看護実践できる能力を養う。
  • 03国際的な視野を持ち、社会の変化に目を向け、考え行動できる能力を養う。
  • 04保健・医療・福祉チームの一員として他職種と協働をはかり、看護の役割と責任を果たす能力を養う。
  • 05生涯にわたり自己研鑽に励み、看護専門職として看護観を深め、看護を探求する研究的姿勢を養う。