卒業生の言葉

次は助産師を目指します。

元々は小児喘息で入退院を繰り返した子供時代にお世話になった看護師さんへの憧れが原点です。老若男女を問わず笑顔で接することが私の持ち味で、これを生かすために、看護師に必要な専門知識・技術・人間性を学ぶべく国際ティビィシィ小山看護専門学校の門を叩きました。勉強が軌道に乗るまでは笑顔を出す余裕もなく、大変な思いも味わいましたが、実習が進むほどに目指す方向性・目標が具体的になり、高いモチベーションで国家試験まで駆け抜けられました。次のステージでも頑張ります。

湯本恵美子さん
明秀学園日立高校出身・社会人入学 令和2年3月卒(3回生)
第109回看護師国家試験合格 国際医療福祉大学病院 看護師勤務

笑顔を絶やさぬ温かな看護師になります。

入学前に何度もオープンキャンパスに通った国際ティビィシィ小山看護専門学校は、栃木県最新で小山市初の看護学校で、自宅からの通学条件も良く、隣接する新小山市民病院との関係も魅力でした。看護学生としての学びは量も多いし専門的で難しいと感じるものばかりでしたが、マイペースで着実に前進でき、無事看護師国試合格と就職を実現できました。就職先はより自宅から通いやすい地元の病院を選びました。仕事に集中して、笑顔で頑張っていきたいです。

土田花恋さん
古河第二高校出身・指定校推薦入学 令和2年3月卒(3回生)
第109回看護師国家試験合格 友愛記念病院 看護師勤務

地元の人に役立つチーム医療の一員として。

家族に支えられながら、看護に関する専門知識・技術を学び、実習をやり抜き、国家試験に合格し、4月から看護師として地元の病院で働きます。3年間の看護学生生活は予想した以上に濃密でしたが、卒業した今となってはあっという間だったような不思議な感じもします。怪我や病気で傷ついている患者さんとそのご家族の役に立てるよう心身に寄り添い、他職種と連携し、チーム医療・地域医療の一員としての立場を自覚して働いていきたいです。

宮川佳代さん
古河第三高校出身・社会人入学 令和2年3月卒(3回生)
第109回看護師国家試験合格
医療法人徳洲会古河総合病院 看護師勤務

人を支え元気を与えられる看護師であり続けたい。

祖母が入院して長い闘病生活を経験したとき、お見舞いに行くたびに目にした看護師さんの働く姿は、私も人のために、力となり、助けになりたいという気持ちを膨らませてくれました。また、国際ティビィシィ小山看護専門学校の入学までの道のりで、事務手続きが複雑だったにも関わらず親切に親身に対応してくれた職員の方のお仕事ぶりにも、私もこうありたいと思うところがありました。3年間の学びで鍛えられた実力をさらに伸ばしていけるよう精一杯働いて参ります。

朴慶亜さん
東京朝鮮中高級学校出身(高卒認定試験合格)・公募推薦入学
令和2年3月卒(3回生)
第109回看護師国家試験合格 新小山市民病院 看護師勤務

在校生の言葉

分け隔てなく明るい笑顔で。

あっという間に3年生です。患者さんの心に寄り添える看護師になりたいとの思いで看護学生生活をスタートさせた2年前の春、ハンドボールで鍛えた気力・体力・チームワーク力で、順調な看護学生生活を送ろうと心に決めていました。本格的な臨地実習がこの冬場から始まり、身も心もより一層引き締めて取り組み、実習をやり抜いた先の看護師国家試験に無事合格できるよう励みます。仁の精神を持った1人の人間としても成長していきます。新しいからこそ伸び伸びと学ばせてくれるのが「TBC学院小山看護校」の良いところだと思います。

大平円さん
栃木商業高校出身・指定校推薦入学 令和3年3月卒業予定(4回生)
第110回看護師国家試験受験予定

尊敬する看護師に自分もなる決意。

看護師として女手一つで私を育ててくれた母への尊敬が、そのまま看護師をはじめとする医療・福祉従事者への尊敬の念となっていきました。私自身、縁あって祖父母が入所していた福祉施設で働く経験も経て、直接患者様の個々の病状回復のサポートができる正確な知識技術を持った看護師の仕事に就きたいという意欲が高まり今に至ります。技術・知識・人間力を整え、一人前の看護師になれるよう努力を積み重ねて参ります。それをかなえてくれるのがこの学校です。

藤原隆虎さん
足利高校出身・社会人入学 令和4年3月卒業予定(5回生)
第111回看護師国家試験受験予定