在校生の言葉

「自分の将来像」をこの学校で見つけられました。

私は社会人経験を経て、この学校に入学しました。入学前は歳の差を気にかけていましたが、考えていた以上に社会人経験の方が多く、今では様々なバックグランドの方々と知り合うことができました。看護師になるために何が必要で、どのような資質が求められるのか・・・日々自問しています。勉強量がとても多く、実習を重ねるごとに看護師の仕事の大変さを体感しますが、私の看護師像である「患者さんの心を癒せる看護師」を目指しながら、一歩一歩着実に、看護師への道に向って歩んでいます。

片野 麻知子さん(社会人入学)

看護師を目指しつつ、キャンパスライフをエンジョイ!

高校時代に入院した私は、怪我の痛みと不安な気持ちで入院生活を送っていました。そんな気持ちを和らげてくれたのが笑顔で寄り添い、私の話を親身に聞いてくださった看護師の方々でした。その時から私の心に、いつの日か自分も看護師になりたいという感情が芽生え始めました。
この学校は他の看護校に比べ男子学生の数も多く、共に看護師を目指す友と一緒に勉学に励んでいます。また、校舎は緑に囲まれ、四季折々の景色を眺めながら穏やかに学校生活を送れることが気に入っています。
自分の夢を実現させられる場所がここにある。この学校がそうであるとの確信を持ちながら、充実したキャンパスライフを送っています。

前川 晶さん(足利清風高等学校卒業)

先生の熱いサポートに励まされています。

先生方の指導は厳しいです。入学当初は高校時代と比較して戸惑いました。
しかし、その厳しさの裏返しが、強い情熱に包まれた指導であることに間もなく気づきました。大切な命を預かる看護師としての仕事。その概念を骨の髄まで先生方は叩き込んでくれます。
同時に、看護師になるためには国家資格に合格しなくてはいけません。そのためには通常の授業の他、先生方の熱いサポートが必要です。
1年次から国家試験の特別対策講座も実施してくれました。座学と実習。勉強のボリュームも多く、いつもくじけそうになる私。そんな私を先生方は強い情熱で叱咤激励し、看護師を目指す私の背中を押してくださいます。

矢嶋 菜々さん(小山北桜高等学校卒業)

学生1日レポート

足利工業大学附属高等学校卒業 藤井 澪さん


  • 8:40「登校」

    藤井さんの通学手段は車です。登校してきた学生と早速話していますね。


  • 午前「座学」

    午前中は座学です。座学で学んだ事を実習に活かせるように、知識をしっかりと身に付けましょう。


  • 12:15~「お昼休み」

    学校にお弁当屋さんとおそば屋さんが来ます。メニューが豊富で、どれを食べようか迷います。


  • 午後「校内実習」

    「患者移送」の校内実習です。二人一組になって気を付けながら、安全に移送することを心掛けましょう。


  • 17:00~「放課後」

    みんなで楽しそうですね。学生ホールでは勉強をしたり雑談をしたり様々です。自治会の会議があったりします。

古河第二高等学校卒業 土田 花恋さん


  • 8:45「登校」

    土田さんの通学手段は自転車で、友達と一緒に登校してきたようです。


  • 午前「情報科学」

    ビジネスで必要なパソコン操作を覚えます。放課後は自由にインターネットも利用できます。


  • 12:15~「お昼休み」

    今日はお弁当を持参したようですね。とても美味しそう!教室や学生ホールは飲食可となっています。


  • 午後「座学」

    看護学校では看護にまつわる様々な知識を学習しなければなりません。集中して一生懸命学びましょう。


  • 17:00~「放課後」

    図書室で午後に行った校内実習のレポートを作成しています。