卒業生の言葉

身近な方が脳梗塞で倒れた際、居合わせた看護師さんが助けてくださったという出来事を通して、人を助けることの尊さに目覚め、いつでも患者さんに寄り添い、患者さんの家族の不安や心配を少しでも解消でき、信頼を得られる看護師を目指して3年間頑張り抜きました。国家試験に合格し晴れて現場に立てる喜びを、後輩の皆さんにも味わってほしいです。

原 優樹奈さん
宇都宮文星女子高校出身 令和4年3月卒(5期生)
第111回看護師国家試験合格 地方独立行政法人新小山市民病院 看護師勤務

自分自身の入院・手術がきっかけで看護師を目指すようになりました。入院生活では手術への不安を抱える私にやさしく寄り添い心のケアもしてくれた看護師さんに魅力を感じたのです。人の命を救い、患者さんの心のサポートができる看護師になりたいと思っています。皆さんも TBC小山看護で自分のなりたい看護師をめざして頑張ってください。

佐藤 蒼綾さん
作新学院高校総合進学部出身 令和4年3月卒(5期生)
第111回看護師国家試験合格 芳賀赤十字病院 看護師勤務

子どものころあまり丈夫でなかった私は病院に行く機会が多く、看護師のお世話になることが多かったため、その仕事への関心がどんどん膨らんでいきました。最近では予防医療にも目が向き保健師の仕事にも関心が高まっています。無事国家試験に合格し看護師免許を手にした以上、自分の可能性をより高め、一人でも多くの人の役に立てる医療従事者として成長していきたいです。

染谷 遥香さん
茨城県立境高校出身 令和4年3月卒(5期生)
第111回看護師国家試験合格 徳洲会古河総合病院 看護師勤務

私は患者さんに寄り添い前向きに治療に取り組めるようサポートできる看護師を目指します。TBC小山看護は先生と学生の距離が近く質問等もしやすい環境だと思います。この3年間で思った以上に深い学びを積み重ねられました。現場に出て更に専門的な知識・技術を高め、将来は小児科で活躍できる看護師として病気と闘う子どもたちの力になりたいです。

齋藤 愛華さん
栃木県立佐野松桜高校出身 令和4年3月卒(5期生)
第111回看護師国家試験合格 佐野厚生総合病院 看護師勤務

幼いころ兄が入院していたときに出会った「患者さんにやさしく接し身近に感じられる看護師」が私の目指す看護師像です。3年間の学びは決して楽ではありませんでしたが、無事に卒業し国家試験合格を手にできた今は、春爛漫、笑顔でいっぱいの私です。後輩の皆さんもぜひ頑張ってください!

太田 瑞希さん
栃木県立小山南高校出身 令和4年3月卒(5期生)
第111回看護師国家試験合格 石橋総合病院 看護師勤務

TBC小山看護での3年間で、基本的な知識・技術を学び、実習を通して実践を積み重ね、最終的に国家試験にも確実に合格できました。決して楽な道のりではなかったですが、実習グループの仲間やクラスメイトと励まし協力し合いながら進んでこられたので、安心して学べる環境だと思います。今後は一人前の看護師に一日も早くなれるよう精一杯働いて参ります。

速水 結菜さん
宇都宮海星女子高校出身 令和4年3月卒(5期生)
第111回看護師国家試験合格 とちぎメディカルセンター 看護師勤務