第109回看護師国家試験全員合格のために!~第3回壮行会!

こんにちは!

国際ティビィシィ小山看護専門学校ブログ担当です。

 

 

109回看護師国家試験まであと2日となった本日2月14日。

巷ではまだまだ「バレンタインデー」でウキウキドキドキの方もいらっしゃるようですが、

 

国際ティビィシィ小山看護専門学校では1・2年生主催による看護師国家試験を控えた3年生への

壮行会が行われました!

 

「合格のプレッシャー&受験本番の不安」と闘いながら、毎日毎日必死に猛勉強をしてきた3年生を、励まし送り出すために、1・2年&先生方から3年生に向けて「エール」を送りました。

 

 

まず3年生へむけて校長先生からのお話。

熱い励ましの言葉が、心に響きました!

 

 

1年生が応援団を結成し、1・2年生を代表して3年生にエールを送りました!

気持ちのこもった熱いエールに3年生も励まされた様子(^_^)

 

 

 

さらに・・・

 

1・2年生から合格応援グッズが送られました!

 

 

気になる中身ですが・・・

 

キットカット、合格鉛筆、合格ホッカイロでした!

 

国際ティビィシィ小山看護専門学校全員の「想い」が詰まったこのグッズお守りに

安心して試験に臨んでもらえると思います(*^-^*)

 

 

 

 

 

3年生を代表して前・自治会長が受験に向けた決意表明です。

「みんなで合格する」

との頼もしい言葉にみんな励まされ奮い立った様子(*´ω`*)

合格だるまの両目が必ず開きます!!

 

「看護師」は看護学校を卒業しただけではなれません。

 

看護師国家試験に合格して初めて「看護師」としてスタートです。

 

その看護師までの道のりもあとわずか・・・

 

看護学生としてのゴールは目の前!!

 

これまで3年生の皆さんが学校で経験してきたことや日々の学習の積み重ねが、きっと良い

結果につながります!!

 

人事を尽くして天命を待つ!

 

みんなで笑顔で卒業式を迎えましょう(*^-^*)

全員で祝杯を上げるぞ! 頑張れ! みんな!!

 

キャリアビジョンにつなげよう!プロジェクト!!

こんにちは!

国際ティビィシィ小山看護専門ブログ担当です。

 

先日、本校で取り入れているプロジェクト学習の公開授業を

プロジェクト学習の第一人者である鈴木敏恵先生をお招きして行いました。

 

 

さらに今回は青梅市立総合病院からゲスト講師として3名の看護師長さんにも来て頂きました!

 

 

今回は初めて病院での実習を経験した1年生が、

「このケアを患者にするとき‼ まず獲得すべき情報はこれ!」

のテーマのもと、グループごとにテーマを決めプレゼンテーションをしました。

 

自ら考え、調べ、発表する。

また、ほかのグループの発表を聴く。

これらを経験することで、今回も得られたものがたくさんあったと思います。

 

まだ1年生ですが、今回のプロジェクト学習で得たことをこれからの学習、そしてその先の

看護師の仕事の中で生かしてもらえたらと思います!

 

皆さんお疲れ様でした(*^-^*)

 

 

オープンキャンパス㉘ 後編

こんにちは!

 

国際ティビィシィ小山看護専門学校ブログ担当です。

 

 

前回の更新に続き、先日行われたオープンキャンパスW体験(午後)の様子です!

 

 

 

今回のオープンキャンパスは午前と午後のダブル体験! ということで

体験授業の合間のランチは、参加者のみなさんと看護学生たちが楽しそうに会話しながら一緒にお弁当(素材におだわったヘルシーなからあげ弁当でした)を食べました!

 

お昼ゴハンを食べた後は・・・

 

統合看護学偏(災害編)Part2 これが出来ればあなたもエキスパート!

 

というテーマで体験授業を行いました!

 

 

災害はいつどこで起こるか分かりません・・・

 

午後の体験では、どんな状況で災害にあっても対応できる技術として

 

毛布を使った応急担架の作り方と新聞紙とビニール袋を使った応急ビニール靴

 

の体験をしてもらいました!

 

応急毛布は、毛布の両端を中心に向かって固く丸めていき、毛布の中央は傷病者が乗る幅だけ

残しておいて、4人以上で丸めた毛布の端を持って搬送し ます。

 

 

実際にやってみると結構安定して人を運べるそうです

いざという時のために覚えておきたいですね(*^-^*)

 

 

 

こちらはビニール袋と新聞紙を利用した靴の体験です。

 

靴が無い状況でも、新聞紙とビニール袋で靴の代用になるそうです。

これだけでも、多少のがれき程度なら十分対応できるくらいの靴ができるとのことで、

実際にこれを履いたまま、がれきに見立てたペットボトルのふたの上でジャンプをしても

全く痛くありませんでした!

 

 

 

 

 

各地で起こる自然災害など、人々の生命の危機や健康が脅かされるところでは、災害医療や

災害看護の手が必要となり、災害にどう対応するかが重要となっています。

 

災害に直面したときに今回の体験が少しでも助けになればうれしいですね(*^-^*)

 

次回の体験授業は、2月8日(土)のオープンキャンパスで実施します。

ご参加、お待ちしています!!

 

 

 

オープンキャンパス㉘ 前編

こんにちは

 

国際ティビィシィ小山看護専門学校ブログ担当です!

 

 

令和2年1月19日(土曜日)

 

国際ティビィシィ小山看護専門学校では令和2年最初のオープンキャンパスが行われました。

 

今回は午前と午後のダブル体験です!

 

まずはじめに、スタッフ紹介から。

体験授業を担当してくれた学生さん達の自己紹介です。

今回も張りきって準備をしてくれました!

 

 

午前中の体験授業のテーマは・・・

 

「統合看護学偏(救急編)Part1 ~ これが出来ればあなたもエキスパート!」

 

ということで、参加者さんに胸骨圧迫(心臓マッサージ)とAED(自動体外式除細動器)の

デモ機の体験をしてもらいました!

 

 

まずは学生さんが胸骨圧迫を実演!

 

ちなみに、医療の現場で「心臓マッサージ」は開胸して直接心臓をマッサージすることだそうです。

 

 

参加の高2男子がチャレンジ。

体験後の感想。

「思ったより力が必要で疲れました」

との声。

結構大変なんですね・・・

 

高2女子の体験シーン。

こちらは、AED(自動体外式除細動器)のデモ機を使った体験です

最近は様々な場所に置かれているので、見たことがある人も多いと思いますが、中を開けたこ

とがある人は少ないのではないかと思います。

 

いざという時にきちんと使うためにも日頃から練習しておくことが重要ですね(*´▽`*)

 

 

もし目の前で人が倒れたら・・・

その時自分がどう行動するかによって救える命があります。

体験してもらった参加者のみなさんには、そういう状況に直面したとき、今回体験してもらった

ことを思い出して実践してもらえたらと思います(*^-^*)

 

 

次回のブログの更新では「統合看護学偏(災害編)Part2」の様子をお伝えします!

 

令和二年!

新年、明けましておめでとうございます!

国際ティビィシィ小山看護専門学校ブログ担当です。

 

 

 

令和最初のお正月も終わり、学校も冬休みが明けて再始動し始めました。

 

 

毎年冬休み明のこの時期は3年生は国家試験直前2年生は本格的な実習の開始、1年生は

初めての病院での実習など、学校全体が特に忙しくなります。

 

 

そういう時期に加え、何かと体調を崩しやすい季節でもありますので、学生さん達には

看護学生として自身の健康管理をしっかり行い、これからの授業や実習に備えてほしい

と思います。

 

 

長かった冬休みが終わり、学校が始まって憂鬱に感じる学生さんもいるかもしれません。

 

 

しかし、大切なこの時期、看護師という道に向けて早く気持ちを切り替えて

また頑張ってもらえたらと思います(*^-^*)

 

 

 

 

 

 

 

元年最後の大掃除!

こんにちは!

国際ティビィシィ小山看護専門学校ブログ担当です。

 

 

今年も残り2週間を切った12月18日水曜日。

 

国際ティビィシィ小山看護専門では冬休み前の学校大掃除を行いました!

 

冬休み前の最期の時間を使って行われた在学生全員での年末大掃除。

普段はできない場所もみんなで掃除します(≧▽≦)

 

 

 

明日からほとんどの学生さんが冬休みに入るからか、皆さんどこか浮足立った雰囲気が

ありましたが、みんなの力でちゃんと学校がきれいになりました(*^-^*)

 

 

 

 

冬休みが終わると、3年生は国家試験があったり、2年生は本格的な実習が始まったりと

看護学生にとって特に忙しい時期が始まります。

 

これからしばらくは皆さんとお会いできなくなりますが、休みの間も看護学生としての自覚を

持ちつつ、それぞれの冬休みを満喫してほしいと思います!

 

 

では令和2年にまた元気な姿でお会いしましょう!

皆さん良いお年を!!

 

 

秋の終わり

こんにちは!

国際ティビィシィ小山看護専門学校ブログ担当です。

 

 

紅葉も終わって葉も落ち、もうすっかり冬の様相になった先日。

 

国際ティビィシィ小山看護専門学校では自治会のメンバーに学生ボランティアなどが加わった

約40名で学校周辺の落ち葉拾いを行いました!

 

 

 

周辺に緑が多い本校では大量の落ち葉が広がりますが、学生さん達のおかげでみるみるうちに

落ち葉がなくなっていきます!

 

 

学生のお子さんたちもお手伝いしてくれました!

みんな一生懸命集めてくれます(*’▽’)

 

 

今年は例年よりも範囲を広げ、いつもお世話になっている新小山市民病院さんの方の

落ち葉も集めました!

 

 

教員も加わって、みんなで集めます(^^)

 

 

そして、落ち葉拾いが終わった後は・・・

カレーが振る舞われました!!

 

 

朝の寒い時間から頑張ったおかげで、カレーの温かさと美味しさが体に染みます(*´▽`*)

中には5回もおかわりをした学生もいたとか(笑)

 

 

 

あんなにきれいだった紅葉もすっかり散ってしまい、これからより寒い季節になります。

冬休みに入る前に体調を崩さないように皆さん気をつけて下さいね!

2年生 看護研究発表!

こんにちは!

国際ティビィシィ小山看護専門学校ブログ担当です。

年の瀬へ向けてそわそわしてくるこの時期、国際ティビィシィ小山看護専門では

2年生の「統合看護論」という科目の授業の一環で、看護研究の発表が行われました!

この看護研究の授業は、

研究・調査・発表などを実践的に学ぶことを目的に、

9月の中旬から全14回の授業が行われ、

グループごとにテーマを決めて、

資料集めや情報収集、プレゼンテーションの準備まで行います。

そのまとめの授業として12月初めの2日間で発表会を行いました。

 

皆さん研究を仕上げるため、放課後なども残って準備をして当日の発表に臨みました。

 

 

 

皆さん各グループの研究内容を熱心に聞いています。

質疑応答も活発に行われている様子でした(*´ω`)

 

全グループの発表の後、担当駒﨑稔子先生から2年生へ向けて

「ゴールの向こうのもう一人の自分」

というテーマでご高話をいただきました。

 

 

「看護学校に入学した看護学生にとってのゴールとは看護師国家試験に合格することだけではありません。

より良い看護師を目指すことです。

看護学生の生活は大変ですが、それを乗り切り、ゴール(看護師国家試験合格)した先には、違う自分がいます。

その自分に出会えると人生が思い切り変わりますよ。」(概略)

という、これから大変な時期を迎える2年生に向けて先生からの応援メッセージです。

まだ、看護学生となって約1年半。

入学当初から比べると、皆さん知識も技術も見違えるくらいに成長し、

徐々に「看護師」に向かって成長しているのが感じられます。

2年生は冬休みが終わると本格的な実習が始まり、それが終わると国家試験。ここからは特に忙しい1年間になります。

今回の経験と先生からいただいた言葉を胸に、新3年生となる来年をみんなで頑張ってくれることを願います。

2年生の皆さん 研究発表お疲れ様でした(*´▽`*)

 

 

秋の彩

こんにちは!

国際ティビィシィ小山看護専門学校ブログ担当です。

 

 

師走目前の週末、国際ティビィシィ小山看護専門の敷地内や周辺では今年も色鮮やかな紅葉を

見ることができました。

 

 

あんなに青々としていた木々たちが、また違う鮮やかさになるなんて自然は不思議ですね。

毎年紅葉を見ると季節の移ろいを感じるとともに、四季のある日本に生まれてよかったと

しみじみ思います(*´▽`*)

 

この時期特に勉強が忙しい学生さんたちですが、たまには窓の外を見回して気分転換してもらえ

たらと思います。

 

 

未来教育「プロジェクト学習」の導入

医学書院発行の月間「看護教育」12月号に、

当校副校長の渡邉和子先生の投稿文章が特集記事の一つとして掲載されております。

 

特集は以下の写真の通り「自ら学び、生きる力を育む ポートフォリオが照らすそれぞれのキャリア」です。

著作権の兼ね合いで、概観のみ載せさせていただきますが、

より良い学校づくりのために、先生方が何を考え何を実行しているのかが分り易く綴られています。

当校の教育へのご理解が進むと思われます。

ぜひご一読くださいませ。

お買い求めは最寄りの書店・生協など、

または医学書院TEL(03)3817-5659(販売PR部) ホームページhttp://www.igaku-shoin.co.jp/journalOrderSelect.do?id=663 などへお問合せ願います。(1部1600円+税)