2年生 看護研究発表!

こんにちは!

国際ティビィシィ小山看護専門学校ブログ担当です。

年の瀬へ向けてそわそわしてくるこの時期、国際ティビィシィ小山看護専門では

2年生の「統合看護論」という科目の授業の一環で、看護研究の発表が行われました!

この看護研究の授業は、

研究・調査・発表などを実践的に学ぶことを目的に、

9月の中旬から全14回の授業が行われ、

グループごとにテーマを決めて、

資料集めや情報収集、プレゼンテーションの準備まで行います。

そのまとめの授業として12月初めの2日間で発表会を行いました。

 

皆さん研究を仕上げるため、放課後なども残って準備をして当日の発表に臨みました。

 

 

 

皆さん各グループの研究内容を熱心に聞いています。

質疑応答も活発に行われている様子でした(*´ω`)

 

全グループの発表の後、担当駒﨑稔子先生から2年生へ向けて

「ゴールの向こうのもう一人の自分」

というテーマでご高話をいただきました。

 

 

「看護学校に入学した看護学生にとってのゴールとは看護師国家試験に合格することだけではありません。

より良い看護師を目指すことです。

看護学生の生活は大変ですが、それを乗り切り、ゴール(看護師国家試験合格)した先には、違う自分がいます。

その自分に出会えると人生が思い切り変わりますよ。」(概略)

という、これから大変な時期を迎える2年生に向けて先生からの応援メッセージです。

まだ、看護学生となって約1年半。

入学当初から比べると、皆さん知識も技術も見違えるくらいに成長し、

徐々に「看護師」に向かって成長しているのが感じられます。

2年生は冬休みが終わると本格的な実習が始まり、それが終わると国家試験。ここからは特に忙しい1年間になります。

今回の経験と先生からいただいた言葉を胸に、新3年生となる来年をみんなで頑張ってくれることを願います。

2年生の皆さん 研究発表お疲れ様でした(*´▽`*)

 

 

秋の彩

こんにちは!

国際ティビィシィ小山看護専門学校ブログ担当です。

 

 

師走目前の週末、国際ティビィシィ小山看護専門の敷地内や周辺では今年も色鮮やかな紅葉を

見ることができました。

 

 

あんなに青々としていた木々たちが、また違う鮮やかさになるなんて自然は不思議ですね。

毎年紅葉を見ると季節の移ろいを感じるとともに、四季のある日本に生まれてよかったと

しみじみ思います(*´▽`*)

 

この時期特に勉強が忙しい学生さんたちですが、たまには窓の外を見回して気分転換してもらえ

たらと思います。

 

 

未来教育「プロジェクト学習」の導入

医学書院発行の月間「看護教育」12月号に、

当校副校長の渡邉和子先生の投稿文章が特集記事の一つとして掲載されております。

 

特集は以下の写真の通り「自ら学び、生きる力を育む ポートフォリオが照らすそれぞれのキャリア」です。

著作権の兼ね合いで、概観のみ載せさせていただきますが、

より良い学校づくりのために、先生方が何を考え何を実行しているのかが分り易く綴られています。

当校の教育へのご理解が進むと思われます。

ぜひご一読くださいませ。

お買い求めは最寄りの書店・生協など、

または医学書院TEL(03)3817-5659(販売PR部) ホームページhttp://www.igaku-shoin.co.jp/journalOrderSelect.do?id=663 などへお問合せ願います。(1部1600円+税)

宝塚歌劇!

こんにちは!

国際ティビィシィ小山看護専門学校ブログ担当です。

 

当校では、実力ある看護師を輩出するという目的にむけて、芸術に触れて感性を磨き教養を深めるという目標のもと、2学年次に芸術鑑賞の機会があります。

 

歌舞伎やミュージカルなど、年によって鑑賞する内容は様々ですが、

今年度は東京都千代田区にある「東京宝塚劇場」で「宝塚歌劇」を鑑賞してきました!

 

宝塚歌劇は、元は小さな劇団から始まったそうですが、現在まで100年以上の時を経て、今やその名を知らない人はいないといわれるくらいの超有名歌劇団です。

 

今回はその宝塚の魅力に触れてきました!

 

 

劇場までは貸し切りバスで移動です。

皆さんちょっとした遠足気分ですね(*’▽’)

 

到着後にホールへはいると、

待ち受けていたのは、レッドカーペットや豪華なシャンデリアなど、非日常的な世界への誘い。

 

 

鑑賞前からうきうき気分!

 

2000人以上を収容できる劇場ホールです。

どの席からでもステージが見えるよう設計されているそうです。

これが常時満員になるなんてさすが宝塚ですね!

 

 

 

今回は1幕がお芝居、2幕がショーで構成された2本立てでした。

 

1幕のお芝居は吉川英治原作の宮本武蔵を題材にした「夢現夢想」

2幕のショーはタイの首都バンコクの歴史ある美しい都の魅力をモチーフにした

「クルンテープ 天使の都」が公演されました。

 

ちなみに「クルンテープ」は、世界一長い都市名といわれるバンコクの正式名称の一部です。

 

次から次へと早変わりする衣装と大掛かりな舞台装置など、お芝居とショーのどちらも宝塚の

魅力が感じられる内容でした(*´▽`*)

 

看護学生としての学びに追われ、日常生活の中ではあまり触れる機会がない「芸術」だと思いますが、

触れることで感性が刺激され、教養も深まり、良い看護師の資質向上に寄与することは間違いありません。ぜひ今回をきっかけに、様々なジャンルの物事に興味をもってもらえたらいいなと思います(^_^)

健康プロジェクト学習!

こんにちは!

国際ティビィシィ小山看護専門学校ブログ担当です。

 

先日、本校で積極的に取り入れている未来教育プロジェクト学習についての提唱者であり、

シンクタンク未来教育ビジョン代表の鈴木敏恵先生をお招きして1年生を対象に特別講義を

行いました!

 

今回のテーマは「生活マネージメントプロジェクト

 

看護学校という新しい学びの場に進学し、それまでの生活環境から大きく変化している

1年生が自律した学生生活を送れるようになるため、自分たちの生活を改善する提案集を

グループごとにテーマを設定して作成しました!

 

 

未来教育プロジェクト学習とは「意志ある学び」を理念とし、プロジェクト学習・ポートフォリオでの評価などを手法とし、設計・提唱・実践している学習方法で、教育界、看護界などで注目されています。

 

 

症例や患者さんの状態を具体的に分かりやすく紹介するため、教員が寸劇を行いました!

架空人物を詳細に設定し、その生活環境などを探りながら症状の改善を図るという内容でした

 

 

 

 

グループで話し合ってテーマを設定します。

グループごとにいろんなテーマが挙がっていますね(*’▽’)

 

 

 

 

鈴木敏江先生もグループに交じって一緒に話し合います。

出た意見に対して様々なアドバイスをいただきました!

 

 

 

最後は生活改善の提案集を発表しました!

良い緊張感の中、各グループがまとめた内容を発表していきます

どのグループも興味深い内容でばかりでした(^_^)

 

 

今回のプロジェクト学習ではグループで話し合い、共通の目標を設定し意見を出し合って

解決を目指すという普段の授業とは一味違う内容でした。

プロジェクト学習で学ぶ内容は一朝一夕では身につきにくいものですが、今回の学びを

少しでも身に付けて、これからの生活に活かし、更に学びに磨きをかけてもらえたらと思います。

 

国際ティビィシィ小山看護専門学校は、これからも新しい学びをどんどん発信して参ります。

ご期待ください!

 

 

 

 

 

 

第4回 陽光祭!

こんにちは!

国際ティビィシィ小山看護専門学校ブログ担当です。

 

 

令和元年9月28日土曜日

今年で4回目となる学園祭「陽光祭」が開催されました!

 

当日は陽光祭の名にふさわしい、穏やかな天気に恵まれました(*^-^*)

 

 

学生さん達が朝早くから集まって準備をします。

どこのブースも忙しそうに準備をしてました(≧▽≦)

 

模擬店ブースです!

各ブース、趣向を凝らして店をつくりました。

どれも見てるだけで楽しいですね!

 

 

 

模擬店はどこも盛況で、おかげさまで全店完売御礼となりました!

早いところはお昼前には売り切れになるなど、大いに賑わいました(*´▽`*)

 

校内でもいろいろな催しがありました!

 

人気だった射的とお菓子釣りです。

どちらも皆さん楽しんで挑戦していました!

 

 

 

去年に続き今年も2つの教室を使った出し物も行いました!

今年は食べ物が口から入って出るまでを体験?できる迷路「消化管ロード」です!

クイズに答えたり車いすに乗って出口を目指します。

 

こちらは看護体験コーナーです!

手洗いチェッカーを使った手洗い体験や白衣体験、血圧測定などの体験ができます。

看護体験コーナーは3年生が担当しました!

 

 

その他にも・・・

カラオケやヲタ芸、ダンス、ビンゴ大会など様々な催しが行われました!

 

 

 

毎年恒例となりつつある黒板アートです!

黒板アートがあるとより華やかになりますね~(*´▽`*)

   

 

 

 

このような感じで、今年も無事終了した令和最初の陽光祭ですが・・・

 

おかげさまで去年よりも多く方々にご来校いただくことができました!

ご来校してくださり誠にありがとうございます<m(__)m>

 

来年度の陽光祭も、来校された方々に楽しいと思ってもらえるように国際ティビィシィ小山看

護専門学校が一丸となって準備していきたいと思います!

 

令和2年度 第5回陽光祭も楽しみにしていてください(^_^)

 

第4回陽光祭へのご来校・ご協賛、誠に有難うございました。

9月28日(土)、無事に学校祭を実施・終了できました。

多数のご来校、多数のご協賛、誠に有難うございました。

来校者数は、雨模様ながら前年を上回った昨年を、更に大きく上回り、

10時から15時半という短い時間帯におよそ400名のご来校を頂きました。

また、ご協賛も多数賜り、のどかに和やかに学校祭を行えました。

「TBC学院小山看護校」らしさが少しずつ認知・定着してきた手ごたえを感じております。

皆さま、誠に有難うございます。

学生・教職員一同、皆様のご支援を励みに、より良い学校となってゆけるよう、

益々勉学に励んで参ります。

今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。

当日の様子は、追ってご覧いただけるようまとめております。

乞うご期待、です。

めざせ!王様!

こんにちは!

 

国際ティビィシィ小山看護専門学校ブログ担当です。

 

先日、8月に開催されたTBC学院夏の一大合同イベント「サマーフェスティバル」内で行われ

た、とちぎテレビの名物番組うたの王様の予選で、見事うたの王様の出場権を獲得したTBC学

院の学生・生徒8名の収録が宇都宮市のとちぎテレビのスタジオで行われました!

 

 

 

 

国際ティビィシィ小山看護専門学校からは去年に引き続き、2年連続でうたの王様の出場権を

獲得した大豆生田 竜人さんが収録に臨みます。

 

 

 

 

彼は予選会も兼ねているサマーフェスティバルのカラオケ大会では、1位とほんのわずかな差で

惜しくも2位でしたが、今回収録直前に意気込みを聞いたところ

 

「今年こそうたの王様を目指して頑張りたい」と力強い言葉が!

 

 

 

収録本番では意気込み通り、彼らしい堂々とした歌いっぷりを披露してくれましたが、

果たして結果は・・・

 

 

 

今回の収録のうたの王様の放送日は

収録前半が11月16日水曜日19:00~19:29 再放送が11月19日土曜日18:00~18:29

収録後半が11月13日水曜日19:00~19:29 再放送が11月16日土曜日18:00~18:29

となっています。

 

大豆生田さんはもちろん、ほかの出場者さんたちのハイレベルなカラオケをぜひご覧ください!

開催迫る! 第4回陽光祭!!

こんにちは!

国際ティビィシィ小山看護専門学校ブログ担当です。

 

いよいよ今週9月28日土曜日に開催される学園祭「第4回 陽光祭

今年も学生さん達が勉強の合間を縫って準備を進めてくれています!

 

 

 

去年人気だった射的の準備も順調です!

どうやったら楽しんでもらえるか、皆で試行錯誤しています(*´ω`)

 

 

 

各ブースの装飾も進んでいます。

今年はどんな陽光祭になるんでしょうね!

 

 

今年の模擬店は、豚汁・焼きそば・フランクフルト・肉巻きおにぎり・チョコバナナなどです!

どれも学生たちが一生懸命販売するので、ぜひ食べに来てください‼

 

3年生も忙しい実習の合間にお手伝いしてくれます。

3年生にとっては最後の陽光祭。

良い思い出になることを願います(^-^)

 

 

いよいよ準備も佳境を迎える 令和元年度 第4回 陽光祭

陽光祭本番は9月28日土曜日 10:00から15:30まで!

当日の来校方法は自家用車、自転車なども可能ですが、

おすすめは小山駅東口バス停留所ローターリーから当校間を無料運行するシャトルバス!(運行時刻は下の画像右上でご確認ください)

事前予約が無くても参加は可能となっております。学校説明や入試相談などのコーナーもありますので、皆様お誘いあわせの上、ぜひ遊びに来てください!

当日のご来校を学生・教職員一同お待ちしております(*^-^*)

 

令和元年度 解剖見学実習

こんにちは

国際ティビィシィ小山看護専門学校ブログ担当です。

 

先日、1年生が解剖学の授業の一環として、大学病院へ「解剖見学実習」に行ってきました。

「解剖見学」という看護学生ならではのこの実習。

 

看護師という「人の命に関わる仕事」に就く者として

身体の構造を理解することはとても重要ですが

理解が難しい分野でもあります。

 

解剖見学では、「献体」された本物の身体を用いて、教科書や模型からではイメージしにくい体内の構造、臓器の位置や重さなどを、自分の目で観察し、触れたりすることで、その形や重さを実感し、理解を深めていきます。

 

また、本物の身体を貴重な教材とし得る 「献体」という制度自体への理解が、貴重な学びの機会への感謝や、身体・生命への尊重の気持ち、医療従事者となる心構えを育ててくれたと思います。

この解剖見学実習が、学生さん達にとって、看護師としての知識獲得にとどまらず、心の成長、人としての成長のきかっけになってくれると思います。